フォルテの10の特徴

フォルテには、子どもたちの成績向上のために考え抜いた10の特徴があります。

①圧倒的に高い講師の質

専任講師2名は大手塾で10年以上の経験を持ち、授業力最高評価を得た現役トップ講師です。全科目をこの2名が担当するため、圧倒的に質の高い授業・その他サービスの継続的な提供が実現できます。また、中学生を担当する講師が小学生の授業も担当するため、小学生のうちから中学進学後を見据えた指導を行っていきます。

 

②徹底した少人数制の対話型集団授業

各学年の定員を12名としており、講師が子どもたち一人ひとりと真剣に向き合っていきながら、競争原理を活用した授業で学力向上を目指します。またフォルテでは、対話型集団授業のため、授業内でインプットとアウトプットを両方行うことで、子どもたちの積極的な授業参加を促し、より授業内容が定着できるようにしています。少人数制であることに加えて、前述のとおり講師の質が高いため、レベルの低い集団授業とははっきり言って格が違います。

 

③明瞭な費用体系

フォルテは、地域で最もわかりやすい費用体系を意識しています。そのため、教材費を授業料に組み込むほか、諸費・維持費・別途季節講習費・オプションの入試対策講座費などは一切ありません。希望者のみが受講する特色検査対策講座と検定講座は別途費用が発生します。また地域の大手塾の費用を徹底研究しています。その上で最高のサービスを良心的な価格で提供することを目標にしており、年間費用・費用対効果ともに絶対の自信があります。地域内の塾で教材費・維持費・諸費・別途季節講習費・オプションの入試対策講座費などをすべて含めた年間費用をクリアにしてホームページ等に載せている塾は(特に大手塾では)ほとんどありませんが、独自に調査した結果、2019年度においては地域内の大手塾に比べて中1~中3は年間で数万円~10万円程度、小5・6は数千円~5万円程度、小3・4は数千円~3万円程度安くなる計算です(受講科目などによって多少前後します)。

 

④ご家庭とのつながり

毎月発行のお便り・配布物のお知らせなどのメール配信・保護者面談や保護者電話(希望制)で今後の方針やお子さんの様子を随時共有します。また、ブログでも日々の塾の様子を記事にしていきます(もちろん個人情報には細心の注意を払います)。

 

⑤成績向上のための徹底した管理体制

「宿題管理」「小テスト実施→不合格の場合、やり直し」「模試受験後の解き直しのフォロー」など、成績向上のために必要な当たり前のことをしっかりとやり抜けるように徹底します。「わからない」をそのままにしません。

 

⑥人間力の育成

「礼節」「相手の気持ちを考える」「目の前のゴミを拾う」など、人として当たり前の行動ができることにも重点を置きます。授業中の姿勢や言葉遣いなどに問題がある場合に関しても、学力向上や成績向上のために注意・指導しています。私たちの経験上、これらがしっかり出来ている素直な生徒ほど、勉強の吸収力も高いです。

 

⑦中学進学後を見据えた小学部指導

フォルテでは、公立の中学校への進学後を見据えた基礎学力・学習習慣を身につけることを最大のテーマに小学部の指導を行います。中学部を教える講師が小学部も指導するので、より効果的な指導を実現することができます。

 

⑧充実の内申対策

フォルテは、完全地域密着型で、南中学校・蒔田中学校を中心に定期テスト前には通常授業に加えてテスト対策授業を、学校の学習内容を十分に反映させながら実施します。また、ワークなどの提出物の管理やノートの添削なども行い、学校で高内申獲得を目指します。ただし、安易な過去問配布で目先の点数のみを上げるようなことに特化はしません。このような塾や過去問に極度に依存したテスト対策は、生徒が主体的に考えて勉強する力が全くつかないので、定期テストに比べて圧倒的に範囲が広くなる高校入試や高校進学後の勉強で必ず生徒が苦労します。フォルテでは、あくまでも高校入試やその先を見据えて、過去問などに頼らなくても高得点が目指せるようにしていきます。

 

⑨理社の映像授業

フォルテでは、塾生は追加費用なしで、復習の映像授業視聴&小テストによって知識の定着が可能です。また映像授業は、外部に発注したものでなくフォルテの講師2名が出演・編集を行っているため、通常授業との連動性があり、より内容が身につけやすくなっています。

 

⑩神奈川に特化した公立高校入試対策

フォルテでは、大手塾で地域の最上位クラスを毎年担当した精鋭講師陣が入試対策・特色検査対策・面接対策を行います。特に中3生は9月以降に通塾時間を多く増やして、復習授業だけでなく入試レベルの問題演習を多く扱っていきます。